RSS

愚案にてパーティー



11月23日(月・祝) フラメンコアカデミア<ラ・ダンサアンダルシア>スタジオから 1時間30分、和歌山の清水温泉の近く。結構な山奥でしたが、 清流が流れ、紅葉が始まり、願っていたように小雨が降って くれたおかげで山には霧が立ち込めとても幻想的でした。


「愚案」に到着。とても素敵なおそばのお店。


準備中にお客様が入って来られ、髪をとかしたり、 お花をつけたりしている所を大公開。裏方を観られるのは 私達も初めての体験でした。私の事を紹介して下さる綛田さん。


湯川会長様のご要望で、スペインのお話を 少しだけ、させていただきました。


さあ、フラメンコの始まりです。


ギターは、伊集院貞敏さん、カンテは西浦知実さん。


グアヒーラを踊ってくれたのは、栗林紀子さん、仙石由華さん。


ファルーカを踊ってくれたのは、片山歩さん、エリザベス・ウェイド さん。


私は、ソレアを踊らせて頂きました。


みんなでフィナーレ。


ライブ終了後は、別棟でごちそうして頂きました。


まずは、乾杯。湯浅の釜揚げシラス、熊野牛のたたき、鴨そば、お でん、 大海老の天ぷら、おそばのから揚げ入りグリーンサラダ、海老と野菜のあんかけ 等々・・。 物凄く美味しくて、お腹いっぱいになりました。 湯川会長様、御馳走様でした。ありがとうございました。


帰り際、ご招待されたお客様とともに。 『能とフラメンコで綴る源氏物語・情念~悲恋の六条御息所~』に、 素晴らしい語りで公演に出演して頂いた城向さんと公演のお世話を してくださった綛田さんと。


帰る途中、気になっていたつり橋をみんなで渡りました。


霧が立ち込め、川の水は澄んでいて、まるで 山水画の世界に迷い込んだみたいでした。


11月25日(水) 片山先生の授業写真を撮影しました。 入門・初級クラスの方々も、 2月の「侍フラメンコ~吉宗誕生秘話~」 公演に向けて、練習しています。
2015-11-26 18:26:04

スペイン旅行記⑦


~7日目~

今日は、日本へ帰る日。飛行機は午後3時にバルセロナ空港を出発します。

バルセロナに来たら必ず、クワトロガト(4匹の猫)に来ます。

ピカソがいつもお茶していたカフェ&レストラン
風情のある旧市街を通ってピカソ美術館にも立ち寄りました。

日本でも、ヨーローッパでも、私は昔の町並みが大好きです。

ピカソ美術館の前には、学校の課外授業なのか学生が目だちました。

途中、道に迷ったので、中年の女性道を尋ねたら、親切に此処まで連れてきてくれました。

途中の帰り道、大きな教会があり、少し、此処で休ませて頂 ました。

ヨーロッパの教会は、どんなに小さくても大きくても、どれも、
           同じように美しく、おごそかで、威厳があります。
2015-11-15 13:34:54

スペイン旅行記⑥


~6日目~

次の日、昼間はバレンシアの街をお散歩しました。

3年前にも舞踊団の人たちや応援に来てくれた人達と来た市場です。

バレンシアは、お米が美味しいところです。だからパエリヤが名物なのです。

店先に並ぶパエリヤのお鍋、大きなものは直径1メートルほど
その日の夜も又、ご招待して頂きました。この日は「魚介スープ」を頂きました。美味。


パウラさんが3曲ソロで踊りました。エレガントでした。
再びバルセロナに戻ってきました。10月の「フラメンコの祭典」にゲスト出演してくれた
イネスにタブラオのご招待を受けていましたが、急な不幸ごとで私が到着する1時間前に
タラゴナ行の電車に飛び乗ったと聞き驚きました。イネスの代わりに迎えに来てくれたの
は彼女の恋人ニョニョでした。ホテルに向かうタクシーの中で、イネスからも電話がかか
ってきて、「おじいちゃんが亡くなった」と聞き、辛そうな彼女の声を聞いて慰めの言葉も
出ませんでした。

10月12日・「フラメンコの祭典」に出演の時のイネス・ルビオ


ニョニョが、バルセロナ名物のおそばで出来たパエリヤをおごってくれました。

夜のショーまで時間があるので、ランブラス通りをお散歩しました。

通りのあちらこちらで見かける大道芸人

ランブラス通りの終点にそびえ立つ「コロンブスの像」

バルセロナは、とにかく観光客だらけでした。

バルセロナのメルカド(市場)は、色々なものが揃っています。

色とりどりのグミやあめ

タブラオ「ロス・タラントス」にも、時間があったので寄ってみました。

パレハのファルーカが格好良すぎで、カンテの女性も素敵で声もハスキーでセクシー、見とれすぎて写真を撮るのも忘れてしまいました。

こちらはタブラオ「コルドべス」、向かって右から2番目のギターリストがニョニョです。

ニョニョ・ご招待ありがとう。中央の女性のソレア、見応えがありまし
た。右端の女性は、華奢な体に力がみなぎっていました。

タブラオ終了後、ニョニョと記念撮影致しました。

ニョニョ、イネスの代わりに色々ありがとう。イネスをよろしくね。
2015-11-14 13:33:56

スペイン旅行記⑤


~5日目~

次の日、来年公演する劇場を見学に行きました。彼らが2か所、選んでくれていました。

駅の目抜き通りに面している「アテネオ劇場」

ロビーはまさにヨーロピアンで素敵でしたが、舞台が狭くて斜めの傾斜も踊りには不向き。

主にクラッシックコンサート用のサロンという雰囲気です。

次の劇場は、街から20分程歩いた所にある「パラウ・デ・ラ・ムシカ劇場」

2012年『AMATERASU』を公演したのもここです。

案内してくれた舞台の方は、2012年の公演を覚えていて、お褒めの言葉を頂戴しました。

サラ・ロドリゴ」という小ホールで400席あります。

事務所でミーティング。パウラさんは私の秘書の様に詳細を聞いて話を詰めていきます。

ここの劇場は、毎日、催し物が目白押しです。

その夜、ヘススとパウラが踊っている「レストラン」にご招待して頂きました。

イタリア人のオーナーのお店でリゾットを食べました。
2015-11-13 08:59:32

スペイン旅行記④


~4日目~

月曜の朝、3日間の旅を終えてバルセロナに向かいました。

私の和のフラメンコ作品『炎の道成寺~清姫伝説~』再演の時はマリベルが清姫になってね、私は、ドラゴンになるから・・と話していました。するとふと窓を見ると、なんと、ドラゴンの形をした雲が現れたのです。

バルセロナ空港でマリベルと別れ、電車でバレンシアに向かいます。所要時間3時間。

ヘススとパウラが駅まで迎えに来てくれました。
2015-11-12 13:32:19

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

~フラメンコアカデミア~
ラ・ダンサ アンダルシア

〒640-8342
和歌山市友田町4丁目1‐10
JR和歌山駅より歩いて5分
TEL 073-402‐4331
FAX 073-402‐4332
E-Mail:info@la-danza-andalucia.com






ラ・ダンサアンダルシア
入門・初級クラス
(月4回)
1ヵ月 8,000円+税~

各カルチャークラスにつきましては、各スクールにお問い合わせください。